Moonlight weblog

アクセスカウンタ

zoom RSS Pentax K20D / K100Ds

<<   作成日時 : 2009/04/16 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、渡り鳥を撮影した機材を振り返ってみる。
撮影に携行したのはK20D、K100Dがメインであった。


この2台の良さ・・・いや、ペンタックスの良さとは、どの様な物なのか・・・
私的な考察を試みてみる事にする。

言っておくが、私は基本的にはペンタ党だ。




K100Ds

画像





K100Dのブラッシュアップ版と言って良いだろう。
ペンタックスの中では安価なペンタダハミラーを使用し、
ファインダー倍率も低いが、なかなかどうして、見やすい素直なファインダーだ。
DA55-300mmを使い、マニュアルフォーカスで鳥を狙ったが、
そんなに「苦しい・・・」とは感じなかった。

マニュアルフォーカスを選んだのは、オートフォーカスが一旦抜けてしまうと、
焦点行ったり来たりになってしまい、話にならなかったからだ。
動体撮影にはちと厳しい。
レンズが悪いのではなく、K100のAFセンサーが弱いせいだろう。
中央9点がクロスセンサー・・・本当か? 
センサー位置の見直しで、もっと戦えるはずだ。

メモリバッファも少なく、JPEG5枚を撮影すると後は「秒1枚程度」の連射になってしまう。
SDメモリを比較的、高級な物にしているが、追いついていない状態。
バシャバシャ撮る・・・と言うよりは、マニュアルフォーカスで「バシャ・・・バシャ」と言った感じだ。

ペンタで最後の600万画素・・・。
istDより同規格のCCDを使用していると、取材記事で読んだ事があるが、
素性の良いCCDなんだろうなぁ。 と思う。

600万画素の後継機種を望むなら、
情報量の少なさを活かして「連続記録性能」をメインにおいて欲しい。
istDS2の頃からそうだ。 記録に戸惑って、機会を逃してしまう。
AFセンサーは中央に配置を集める。
SAVOX\とかに進化しませんかね・・・。

K100D・・・良いカメラです。
小さく、軽く、機動力抜群。
欲を言って「キレのある連射性能」・・・が欲しい。





K20D

画像



645D、K30は出ていないので、現行ペンタのフラッグシップ。
istD、istDS2、K10Dと使ってきて、K20Dは即買いだった・・・。

ペンタックスの打ち出した「K20Dの方向性」が気に入ったのである。
NikonのD5000が話題になっているが、「今出来る全ての事」を盛り込む・・・。
「メーカーの意欲作」と言うモデルと、「進化しました」との「差」・・・判り辛いな。

「頑張りました」 これですね。 ペンタックスの意気込みが感じられる。


限定チタンカラーモデルも出た。 
手ブレ補正のアルゴリズム改良で、ファームのアップもされた。
しかし、実売価格の下がること下がること。
勿体ないなぁ・・・。


細かな点だが、素晴らしい点はたくさんある。
K20Dは良く出来たカメラです。
強いて挙げれば、

1.背面液晶の調整が出来る。 (調整不要な位、良好だけど)
2.ダストアラート (結構使える)
3.プレビュー画面でホワイトバランスの微調整が出来る。 (これは良い)
4.メニュー内容もてんこ盛りだが、使っていて疲れないメニューの創り込み。


ほんと、素晴らしいと思いますよ。

痒い所に手が届くカメラメーカー・・・。
だれかがこんな表現をしていた。
本当にそうだ。 ペンタは、ユーザー視線で勝負している。


春先は人員整理もあった・・・。 台所は火の車かもしれない・・・。
K100の時のようなスマッシュヒットを期待したい。

K20Dスーパーでも出しちまったら・・・その時はヤバイか。




ペンタックス ペンタックス純正 ゴムスタンプ式センサークリーニングキット【税込】 O-ICK1 [OICK1]
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:お取り寄せ2006年11月 発売<ご使用にあたっての注意事項>キットによる清掃はお客様ご自

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Pentax K20D / K100Ds Moonlight weblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる