Moonlight weblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 渾身の期待作 「Pentax K-7」  6/末発売 

<<   作成日時 : 2009/05/23 02:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Pentax K-7 が発表されました。
Pentax事業部の方々、おめでとうございます。

画像


単なるひとりのユーザーではありますが、
これからもデジタル一眼の在るべき姿、
ペンタックスの歩む道を見つめて行きたいと思います。


発表の内容はそこいらのサイトで確認して頂きたいが・・・


サムスン製CMOS 15.1Mp(有効画素14.6Mp)
変わらないと言うことは、スペックマニアからは何とも思わない部分かもしれないが、
私は大いに歓迎したい。 
センサの「熟成」こそがフラッグシップの在るべき姿であり、画素競争には意味を感じない。

解像感で言えば、K20Dで度肝を抜かれたのだから、ここは熟成の時期と考えてはいかがだろうか。
4チャンネル読出とK20Dの倍の速度となっており、これにより5.2コマの高速連写が実現されている。


PRIMEU
画像処理エンジンはPRIMEUと進化した。
K10Dの時の22ビットA/D変換は再採用されなかったが、14ビットA/D処理となっている。

K20Dの★★★★モードを知っている方ならば、14ビットで不満は無いと思う。
RAWと同等の非圧縮に近いJPEGの「緻密な描写再現」をみれば納得だろう。

元々、PRIME自体が5コマの処理性能を有していると言われていたが、
高速シャッターユニット、DDR2メモリ速度、
像消失時間が気になる・・・
ロシアからのレビューにシャッター音が聞ける部分がある。

K-7レビュー(シャッター音は1:15、5:50あたりで)
http://www.youtube.com/watch?v=C-PDwlMYMqY

キヤノン40D、ニコンD200を有しているが、
なかなかフィーリングの良い音だ。
「シャキシャキ」とKシリーズの流れを汲む音だ。 


youtubeから、もうひとつ。(7:20あたり)

こちらは英語です。
ライブビュー時の「電子水準器」の動き
なかなか、俊敏な反応をしていますね。
http://www.youtube.com/watch?v=BNCHdsZI88g&feature=related



カスタムイメージ「ほのか」モード「ほのか」は色の芯を残しつつ彩度を控えめに再現するもので、
シックな雰囲気、軽やかな空気感が、シーンの印象を深めます。とある。
物撮り、印象的な表現に使えそうだなぁ。 

ご存知でしたか? 雅モードはかなり洗脳されてしまうんです。
いつもの風景やこう言う色・・・。 
そういう固定的な物でも、「へぇ、雅だとこう表現するのか」
と言う楽しみ方をしてしまうのですよ。

ほのかも楽しみですなぁ。

新たなホワイトバランスの考え
CTEは、AWBとは逆に色を強調する方向にホワイトバランスを調整する、新しい発想。
朝焼けや夕焼け、曇天の雪景色などが、より印象的な色で再現。
また、鮮やかな緑や桜の淡いピンクなどの色抜けを防ぎ、より鮮明に描き出したいときにも有効。・・・とある

これは、素晴らしい。 まさにペンタらしい新機軸の提案。
SVモードの時の感動を超えましたね。 (SV=ISO感度優先モード)
鉄道写真の有名な方のサイトでは、どうやらK-7の実写映像が出ているようで、
すごい雰囲気のある写真に仕上がっています。 
これがCTEの恩恵であれば、私の様なヘタレでも・・・・と言う気にさせられます。



その他・・・気になる部分

100%視野率、0.92倍のファインダー倍率・・・が下がるのは仕方が無い・・・か。
MF大好きなので、少し複雑ですが、この価格帯で実現してきた事は素晴らしい。
N社のD700って、いくらでしたっけ。 特許の恩恵なのかなぁ。


ノーフラッシュだと980枚のスタミナバッテリー
おいおい。凄いなぁ。 PRIMEUの恩恵もあるんだろうなぁ。 気合入ってるわ。
動画の時の情報が出ていないのは何故だ・・・。
だれか質問してきてね。


絞り制御、少し変えてきた。
動画対策らしいが、真剣に動画を考えてきた証ですね。 


3型液晶、92万画素
素晴らしい。 バリアングルなんぞ、いりませぬ。
こっちの選択で正解ですよ。



大きさK-7:  131 x 97 x 73mm  754g(BT/SD含む)
K20D: 142 x 101 x 70mm  802g(BT/SD含む)

幅11mm削減って・・・ いやぁー、左肩がセクシーですね。
画像




高速AFAFアルゴリズムの改良により、合焦速度が大幅に向上。
測距センサーには、光源の種類も識別できるSAFOX VIII+を採用。
漏れてきている情報では、本当に速いらしい。
元々精度は高いペンタックスのAF。 丁寧に合わせてるって感じでしたよね。
「+」って所が不思議なのだが、[の次は\・・・でないその理由とは・・・。
ここは気になるなぁ。 
11点のままだから、\を認めなかった・・・と言うペンタのこだわりだと良いのですが。



低価格・・・
え・・・大丈夫ですか? キタムラネット会員なんて12万切ってますよ・・・。
まじで?
発表前の段階的リーク情報といい、価格設定といい。
素晴らしい。 買うわこれは・・・。

「値が落ち着いたら・・・」と思っていた購入予備軍はもうアウトですね。
みんなアウトです。 買いましょう。




長々と書きましたが、K-7の話題は本当に嬉しいです。
2強時代を揺るがすまでは行かない・・・か。

「デジタル一眼とはこうだ。」と、提言する老舗メーカーが、
K100以来のスマッシュヒットを出す。

ユーザーやファンの期待に答え、ニーズを見つめ、
小型・軽量のポリシーを譲らず、645Dでは紆余曲折しながら、
企業体の進むべき道を真剣に考えたんだろうなぁ。

K10、K20の衝撃より、大きな波がやってきますね。
明日のトークライブ、行ける人が羨ましいっす。







【送料無料】(1010万画素)オートピクチャー/グリーンモード/顔認識AF&AE機能などを搭載した光学3倍ズームデジタルカメラ<オプティオ>Optio E60ペンタックス OPTIOE60
激安!家電のタンタンショップ
●メーカー直送品に付き、お支払いは「前入金」のみの対応となります。●「代引き」、「時間指定」は選べま

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渾身の期待作 「Pentax K-7」  6/末発売  Moonlight weblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる