Moonlight weblog

アクセスカウンタ

zoom RSS Pentax K-7  インプレッションA

<<   作成日時 : 2009/07/12 19:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

■デジタル一眼の楽しみ方   〜撮影後加工〜

画像を後処理したり、前フィルタを掛けたり・・・
デジタルである事で「写真の楽しみ方」は変化してきた。



クロスフィルタや明るさの調整、コントラストの調整・・・
後から「加工」は邪道。 そんな考え方の人もいるでしょう。

でもNikonの初級者モデルですら搭載されてしまっているのだから、
邪道から本流になりつつあるのでしょう。


ペンタックスK−7は、そんな「デジタルである事の楽しみ方」を
提案する完成形ではないでしょうか。 (一桁モデルに積んだ事に意義がある)


・・・完成というとチト違うかな・・・デジタルフィルタv2.0・・・あたりでしょうかねぇ。



ボディだけで映像を加工出来る機能は各メーカー、様々に用意されています。
動画の編集も出来たりするんですもんね。

k-mの方が先でしょう・・・と言われる方も居るかもしれないが、
私はk-mを持っていないので・・・あしからず。





ミニチュアフィルタ

    元画像
画像


    加工後
画像


    同じフィルタを2回掛けてます。
    複数のフィルタを重ね掛けして、アレンジ出来るのはいいですね。
    K20との大きな違いです。


水彩画

    元画像
画像


    加工後
画像


    なかなか、雰囲気があり、K20Dにもあった「パステル」よりは行けてるかな。



インデックス風

     複数の写真を選択、整列やランダムなど、なかなか多彩です。
     私は人に配布する機会が多いので、これは便利かも。
画像


     これね、結構お気に入りです。




レトロ 

     元画像 (ニセ)
画像


     レトロ加工後
画像


    ちょっと、実は元画像を消してしまったみたいで・・・別な写真ですが、雰囲気の変化はわかると思います。


    なんか、自分の子供の頃の写真みたい。
    味があるし、周囲の縁取りもつけられます。




フォーマットの変更+トイカメラ風

画像


    正方フォーマットにトリミングして保存した画像を、トイカメラ風にしました。
    実は正方トリミングは好きなんです。




それを水彩画風

画像





こちらは、魚眼レンズ風・・・
    なんでペンタックスは魚眼がすきなんだろう・・・ 素朴な疑問。
    誰かしってたら教えて下さい。
    
画像




トイカメラ+コントラスト上げ+レトロ

画像


    やはり、これが定番かも。 少しオーバーにフィルタを掛けてます。
    



コントラスト硬調のキリットした画は好きな方なので、加工は大好きです。

邪道と言えていたのは、これまで。
今後は各社が撮影後の楽しみ方を提言していく事になるでしょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Pentax K-7  インプレッションA Moonlight weblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる