Moonlight weblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「宮島沼」 〜白鳥の湖〜 2010年春

<<   作成日時 : 2010/04/11 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北海道美唄市宮島沼。
渡り鳥たちの楽園である。


本州はもう桜が咲いていますが、
北海道はまだまだ朝は冷え込みます。
朝の気温は手元の温度計で「2℃」 まだまださぶいっす。


出掛ける準備は万端でしたが、寝坊しまして
マガンの塒立ちに間に合いませんでした。
ショボボ〜ん。


マガンの最盛期を前に、
白鳥のピークが来ているのは知りませんでした。
当日のカウントで7000羽


今回も動画に挑戦・・・。
まさに「白鳥の湖」です。

Youtubu

非常に映像と音楽のバランスが気に入りません。

迫力不足・・・。



マガンはまだまだ22000羽と言ったところ。

湖面はまだその殆どが凍結しています。
部分的に溶けて、川のようになっており、
白鳥はそこで羽を休めているようです。

水中に入っている方が暖かいのでしょうかね。
氷の上だと風が吹きっさらしです。
どっちが暖かいのでしょうか。

白鳥は一斉に飛び立つような塒立ちはしないんだそうです。
パラパラとまばらな塒立ちとなりました。


ほんの数分、朝日を浴びる時間がありました。
画像



画像



夫婦ですね。 灰色の子が周りにいないので、まだまだ新婚さん。
画像



画像



雄大な姿でございます。 美しいです。
画像



画像



樺戸連山をバックに
画像



白鳥はマガンよりも先に渡ってしまうそうです。 アディオス。
画像








あいにくの雨のため、初めて監視小屋を利用してみました。
風も強く、気温も低いため、この季節は小屋なしでは厳しいですね。

画像


沼の周囲はまだまだ雪が残っています。 長靴必至なくらいです。
なぜかと言うと、日が昇る頃には道の泥がグチャグチャになるんです。
それくらい夜間は冷えていると言うことですね。




機材:
今回はNikonD5000、AFS18-200mmVR
PentaxK-7、TamronSP500mmを使用しました。

動画はXactiHD2000です。

XactiのAFに不満が少し。 D5000の高ISO感度の美しさには感動しました。

一番の収穫はAFS18-200mmが非常に使い易いと言うことを初めて知ったことです。
買ってから使った事なかったんで・・・。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「宮島沼」 〜白鳥の湖〜 2010年春 Moonlight weblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる