Moonlight weblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 渡り鳥の楽園 「宮島沼」    〜 2011年 春 〜

<<   作成日時 : 2011/05/07 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北海道美唄市「宮島沼」・・・ 今年の春も鳥達に逢いに行く・・・。


今春は3回トライしましたが、結果はひどいものでした。
4/23 夕方 雨天
5/1  早朝 雨天
5/5  夕方 晴天

4月上旬の北海道は平年を上回る温かい日が続きましたが、
中旬以降は急激に低い気温が続きました。
ゴールデンウィークあたりでグンと上がるかと期待しておりましたが、
さっぱり上がらず・・・。

・・・キョーレツに寒いです・・・




5/5 最後の塒入り

快晴でしたが、風は冷たかったです。
夕日を追って、急ぎましたが日暮に間に合わず・・・
でも、綺麗なねぐら入りを見ることが出来ました。
画像

Nikon D5000+AFS-VR18-200mm

暗くなってからの撮影はニコン勢が優位に立ちますね。
高ISO感度での肌理と発色。 べったり系でもなく、調和のとれた画作りです。



こんな群れ達がワラワラと沼に帰ってきます。
画像

Nikon D5000+AFS-VR18-200mm

「ねぐら入り」は広角レンズが楽しいですね。(28mm程度で十分)
個人的には魚眼レンズで天空を写したいなぁと思います。




宮島沼を経由する個体数が、年々と増えている様に感じます。
沼を訪れる人にとっては喜ばしいかも知れませんが、
「他の地域に行けなくなった、行かなくなった」と考えると、
生態系への変化やダメージが気になります。

自然の営みは当たり前の様に繰り返され、
私達はしばし感嘆の溜息をつく・・・。

そんな事が当たり前ではなく、
保全活動によってギリギリに保たれてるとしたら、
何だか複雑な気持ちですよね。




オナガガモとオオハクチョウ
画像

遠くの対岸に群れております。 
マガンと違って、のんびりな性格なんです。
PextaxK7+TamronSP500mm


マガン
画像

雨の中ですが、すっきりとした写りですね。
Nikon D300s AFS-VR70-300mm


この子は・・・クチバシからアイラインが特徴的です。 
羽も青が入っておりますが・・・
私には判りません。 誰か教えて。
画像

Nikon D300s AFS-VR70-300mm


タヌキでもいたのでしょうか。
対岸の遠くでオナガ達が飛び立ちました。
画像

PentaxK7 TamronSP500mm

5/5の早朝を以って、ほとんどのマガンが渡ってしまいました。
残りは数千羽です。
夏の沼は多様な生き物の楽園との事ですが、なかなか足を運べません。
今年はチャレンジしようかな。



沼の向いの田んぼで、落ち穂をついばむ群れが居りました。
画像

PentaxK7 TamronSP500mm
この発色はPentaxならではですね。 季節感を捉える事が出来るカメラです。



画像

NikonD300s


秋には赤ちゃん鳥を連れて、また沼にやってきます。

それまで達者で。 アディオス!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渡り鳥の楽園 「宮島沼」    〜 2011年 春 〜 Moonlight weblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる