石狩プチ紀行⑤

「冬の滝巡り」 滝は冬は凍る・・・。のだろうか。
そんな素朴な疑問から、滝を散策する事にしました。

凍る・・・。 それも冬らしくて素敵かも知れない・・・。 
でも、冬でも流れている滝もいいかも・・・。


2007.2.5、ぶらりと冬の滝ツアーへ出掛けました。
目指す目標は「歩ける距離」がポイントになります。
いくら暖冬、雪少と言っても、北国ですし・・・。


「星置の滝」
画像


所在:北海道札幌市手稲区金山3条
札幌方面から向かい、国道5号線の信号交差点「金山1-2」を左折。
道なりに700m程進むと、「星置の瀧」の看板が右側にあります。
駐車する場所は皆無。 
駐車禁止区域を避け、付近住民の迷惑にならぬ様にしましょう。

こんな住宅街ですか・・・。 って位に住宅街にあります。
その一角だけ別世界のようです。

訪問した時は人の足跡はありませんでした。
看板の位置から150m程・・・進むのか・・・。 
いやぁ、なめてました。
普段、コンビニに行く格好で来た物でね。
足首くらいまで雪に漬かりながら、ガボガボと進みました。
下りなので恐怖心がありました。 が、思ったよりは歩きやすい。

なんと2月なのに、完全には凍っていないではありませんか。
8割方、凍結してはいますが、
主たる流れの部分はドドドっと流れているのが見えました。

冬に来て、流れているのはチョット嬉しいですね。

すぐそばに教会・・・・?があるのですが、人の気配はありません。
立ち入るな・・・との警告看板は雪で殆ど見えません。

冬は教会側へ渡る必要はないですね。
木々の葉がないので、殆ど遮られる状況はありません。

夏だと葉っぱが邪魔で、教会側へ渡りたくなるんでしょうけど。

星置の滝周辺は木々が生い茂り、住宅街の憩いの場所です。
鳥が沢山いる模様です。 さえずりに誘われてパチリと一枚。

画像


後から調べると「シジュウカラ」だと分かりました。 緑色が鮮やかです。




画像


星置の滝の入り口より、札樽自動車道を望む。
しばし、野鳥の声を聴き惚れました。

ご近所の方は羨ましいですね。 こんな立地条件、なかなか無いです。



さて、星置を後にし、手稲山に登る事にしました。
登ると言っても、車です。

画像


山頂にある電波塔郡。
地デジ主流の頃には様変わりするのでしょうか。
さぁ、次の目的地を探し、地図を開くことに・・・。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック