宮島沼 ~渡り鳥の楽園~

画像
北海道美唄市の西端、田園地帯の中にある小さな湖である。

ふとしたきっかけで、宮島沼の存在を知って「いつか行きたいなぁ・・・」と思っていたのだが、なかなか出不精なために足を運ぶ機会が無かった。

ふとオフィシャルサイトを見ると、~4/25がピーク・・・と書いてある。
これは行かねば、と足を運んで見ました。

札幌から車で1時間、道にも迷わずにすぐに辿りつけました。
マガンのピークを迎えており、約5万羽が翼を休めているそうです。

20人程度の観光客が来ていました。
皆さん様々な装備で、純粋にバードウォッチングをする人や、大きなレンズをつけたカメラで撮影する人や、散歩がてらに寄ってみた人・・・
ほんとに様々な目的でいらっしゃっている様です。
中にはバズーカ砲の様なレンズをつけたヤル気満々の方も・・・

自然に囲まれて、素晴らしい財産だと思う。
泥炭を開拓し、稲作を進めた人間。
そして、休む所が激減したのだろう。
しかし、田園から獲られる糧と、残された僅かな湖を頼りに鳥達の渡りが成り立っている。
この素晴らしいバランスを何とも保って欲しいものだ。


朝の飛び立ちや夕方の戻る姿も見て見たいが、なにぶんにも出不精なので・・・。
次の休みにはもう飛び立っているだろうから、また来年ね。

美唄市には申し訳ないが、観光としてあんまり栄えては欲しくないなぁ。などと感じた。

渡る鳥達を静かに見つめる・・・そんな姿勢が大事ですな。
餌やりは勿論禁止。 湿地だけど、勿論禁煙。
でも、他の地域で人に慣れているため、足元まで勝手に寄ってくるんだよね・・・。
スマン、俺のポケットにはガムとチョコしかないんだ・・・。


「宮島沼」
北海道美唄市
2002年にラムサール条約登録。
水面積30ha 平均水深86cm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック