キングジム Pomera DM20 ~QRコードを読んでみた~

キングジム ポメラ DM20

賛否両論あって当然のデジタルガジェットだ。
何せ文字を打つ以外に機能がないのだから・・・。


DM20はすこーし、
ほんとにすこーし初代DM10をブラッシュアップした「プレミアムモデル」

画像




iPhoneユーザーに大いに歓迎されていると言われる「QRコード」について検証してみる。


題材となるtxtは、前のエントリーの内容文。
文字数は1636。 ファイルサイズにして4キロバイトだ。

このファイルを開いたまま、ALT+F5
これでQR出力となる。



今回の文字数ではQRは9枚になった。


JPEGをなるべく劣化しないようにUploadしておきます。
拡大表示など工夫されてください。


QR一括表示、願望の図
画像




★QRコードの読み取りは接写か通常か、場合によって違います。
ポメラのQRは割と大きく表示されるので、近接ではなく「通常」で撮影しました。

★通常/近接 の切り替えは個々の携帯で異なるので、確認してください。

★私の携帯は化石のようなドコモD704です。

★JPEGは100%表示で行う事をお勧めします。






QRって、自分が何枚目なのかを識別しているんですね。
9枚読むのに、15秒くらいですかね。

一応、PCディスプレイ表示でも、問題なく読めました。
出来れば、Jpeg100%表示でやるといいでしょうね。


私のJpegで読めない場合は、店頭で試すのが一番でしょう。
QRも様々な規格があるそうなので、購入前にお確かめを。


この実験で感じたことは、
「1600文字がこれ位の手間で読めて、あとは携帯から好きな場所へ送ればよい。」
「手早い」、というか「少し感動した」





あとはポメラ同士の通信、又はBluetoothでのPC通信か。
いらないか・・・。


キーボードは今のままでよい。
強度とパンタグラフ。 これは譲ってはいけない。

ゴム足と、右側の支えは取って良し。
これでかなり薄くなるだろう。

DM25? DM30? 辺りは「ソリッドなボディ」でお願いしたい。

あ、あとD704。 途絶えてしまったが、QRが読めて本当によかった。
まだ、大事に使えるわ。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック