「宮島沼」 ~舞踏曲~ 2010年春

国内13番目のラムサール条約登録湿地、宮島沼。
世界でも貴重な「渡り鳥の楽園」である。


宮島佐次郎氏の入植より、「宮島沼」と呼ばれる様になり、
それまでは「大沼」と呼ばれていたそうです。

4/18、また行ってきました。 この春4度目、3日連チャン。
気温はプラス1度。 天候曇り。
いまいちな空模様ですが、マガンの数が日に日に増えていると思うと、
気になって目が覚めました。 2:50に。

すっかり爺さんな暮らしになっています。




この日は監視小屋側に鳥達が固まっていました。
3万後半まで増えたのではないでしょうか。
白鳥は随分とへりました。

タヌキが登場。 岸部をガザガザ歩いていました。
白鳥たちも驚いて、サササ~と岸から離れて行きました。

画像


画像




この日は観察イベントと言うこともあり、
たくさんの人出でした。

突堤側も人が満載。 私は監視小屋からの観察でしたが、
監視小屋もあふれて致し方なく外から観察する人が沢山。

画像




画像




画像




水面を蹴って、蹴って
画像




ハクチョウだって負けていられません。
画像



空が白んできたので、明るいですね。
白鳥は目の前の岸にいるので、撮影しやすいです。
画像


画像


画像




お世話になった監視小屋
これがなきゃ、凍えていましたね。
周辺はゴミもなく、よかったよかった。
でも、利用した窓は「各自で」閉めなさいよ。 まったく・・・。 
画像




監視小屋の周辺は殆ど雪がとけた様ですね。
フキノトウが芽を出しています。
子供の頃に「味噌和え」にして食べましたが・・・
非常に「キビシイ」です。
画像




帰り道、田園風景で朝食をさがす家族がいました。
田んぼは、先日の降雪でまだ雪に覆われています。
なんか食べる物あるといいねぇ。
画像





今回の動画は留保。三洋電機 XactiHD2000 のレンズ片ボケに少し嫌気がさしています。
サービスの対応にもかなり疑問。
「レンズ拭いてください。」 って、馬鹿にしてんのか。

本当、塾長としては頭にきています。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック