キングジム Pomera DM20 ~ポメラと比べてみた~

キングジム ポメラ 


何だか、2/17に新型発表会があるなんて・・・
期待ワクワクなんですが、DM20買ったばかりでショックなんですけど・・・・キングジムさん・・・。

まぁ、発表ですし・・・発売はまだ先でしょうし・・・。
DM20よりスリムなのなんて居たら、ショック大きすぎです。




さて、「キーボードが良い」と言われているポメラですが、
どんな感じなのでしょうか。

人によって手のサイズは異なり、指の太さも異なります。
仕事柄、私は複数台どころではない端末種類を操作するので、
キーボードの差・個性は吸収可能です。

何触っても違和感感じません。

ですから、普段から「キーボードに対して無頓着」なんだと思います。


しかし、ポメラを触って感じた事は・・・

1.小さいが使いやすい。
2.薄いが強度がしっかりしている。
3.ストロークが短めだが、打鍵感触がしっくりある。

こんな所でしょうか。

では、比較してみようと言うことで、


上から
Acer AspireONE AOD250
KINGJIM PomeraDM20
ASUS EeePC701SDX


画像


大きさからすると、AOD250だと思うでしょうが、
ところがドッコイ、そうではないですね。

配列、サイズ、ストローク。 そして質感。
全てにおいてポメラが優れています。
なんででしょうね。






こんどは左から
AOD250
701SDX
PomeraDM20


画像


上2段のキー奥行が狭くなっているポメラですが、全然弊害を感じません。
うまく出来てるもんです。 
中国のメーカーさんらしいですが、ノートPCのキーボードにも
供給されたら、各メーカーのデザインに大きく影響するんではないでしょうか。

職場に持って行って触って頂きました所、
「いい。」、「しっかりしてる。」と言った感想を頂きました。
初めてパッと触った感じが良いんですね。
「剛性」の良さなんだろうなぁ。




これはおまけ。
シグマリオンⅡ
PomeraDM20


画像


そう、シグマリオンもキーボード無理してるけど、「使い易かった」
なんだろう。 サイズとかではないキーボードの良さ。
トータルバランスが良いんでしょうねぇ。




最後は
SonyCLIE用キーボードKB-100との比較

画像


明らかにキーピッチがKB100のほうが大きいです。面積が違いますもん。
でも、打鍵が少し「やわらかい」。 
どっちがいいですか・・・と聞かれれば「ポメラ」と答えます。
キー奥行きは影響しないんですね。






どれが最良なのか。
それは好みの問題でもあるのですが、私はポメラを選びますね。

一番使いづらいのはEeePCでした。
ミスタイプが一番多発する。 
(打ち損じが多いですね。 叩いたつもりが入ってない)

AOD250はPgup/downのキーがカーソルに密接しており、
そのまま使うのであればちと「スピード出ない」って感じです。
キーバインドとかしないと、嫌な感じです。

クリエ用キーボードは善戦しています。
ただし、パームOSの反応速度の「微妙なラグ」が
テンポを悪くさせています。


文庫本サイズを目指したと言うポメラ。
そのせいで上2段のキーが細くなっているが、これが功を奏している。
私はそう思います。 

指の移動距離が楽なんですね。 それでいて窮屈じゃない。
いやぁ、キーボード製品の販売もやってみてはいかがでしょうか。 キングジムさん。



物凄い研究を重ねられたんだろうなぁと、ポメラを触ってしみじみ思います。
そこには妥協はなく、「最善」を尽くした感すら感じられます。

そんな事を感じられる・・・・
ポメラのキーボードでございました。










※キーボードでメモをとる!パッと開いて2秒で起動!キングジム・デジタルメモ・ポメラ【送料無料】
文具の専門店・文喜堂
商品仕様・品番 DM10 ・キーボード 折りたたみ式、日本語対応、キーピッチ約17mm ・本体メモリ

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

"キングジム Pomera DM20 ~ポメラと比べてみた~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント