ITILファンデーション 試験を受けてみましたが・・・

ITIL イギリス政府が策定した、 コンピュータシステムの運用・管理業務に関する体系的なガイドライン。 数冊の書籍の形でまとめられており、 同政府機関のOGC(Office of Government Commerce)などから入手できる。 1980年代、同政府はITへの投資に対して期待した効果が得られなかったことから、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nikon D200  ~ 今だからD200を嗜む ~

いつかはニコン・・・ いや、既にD50があるでしょうに・・・。 と後輩にも言われながら・・・ そんな訳で、2008年の秋冬は「ニコン」にはまっているのであります。 ほとんど病気だと思います。 「マウントマニアは駄目だよ」・・・ 説教されたカメラ屋のマスターに負けじと、 「自分自身が何を欲して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い季節

また、冬は来た。 当たり前の様にやってきた。 北国育ちなので、嫌いではないですが・・・ 朝はビックリしました。 いきなりの本格的な雪・・・。 いやぁ、会社へ向かえど、向かえど 歩けども・・・ なかなか前へ進みません。 歩きづらいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽園 ~宮島沼~

宮島沼・・・ 北海道美唄市にある小さな沼・・・ 渡り鳥の楽園とも言える、その小さな大自然。 アクセスが手軽な距離でもないのですが、 なんか気に入ってしまいましてね。 朝の「飛び立ち」をねらって、早朝宮島沼に挑戦しました。 飛び立ちとは、早朝に沼で休んでいる渡り鳥が 一斉に飛び立ち、朝ごはんを探しに行くんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塔への侵入者

D50でのお散歩撮影にて、 何やら不審なモノを見かけた・・・ サッポロファクトリー(Sapporo Factory)は、 北海道札幌市中央区に所在する ショッピングモールを中心とした大型複合施設である。 1989年に恵庭市に移転したサッポロビール工場 (サッポロビール発祥の地でもある)の跡地を利用し開業。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木枯し

北日本、東日本の方は散々な天気でしたね。 それにしても、最近は「過酷な天気」が少ないなぁ・・・・。 気温も高く、今日の風は木枯しとは言わないそうで・・・ では、木枯し・・・の定義とは、・・・ ユーラシア大陸から日本に向かって吹いてくる季節風が 日本海を渡るときに水分を含む。 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nikon D50  ~今だからD50を嗜む~

「いつかはニコン」 いつの頃でしょうか、 そんな言われ方がありましたが・・・。 私の趣味であるカメラに新しい道標が出来てしまいました。 現在、キヤノン、ペンタックスのユーザーである訳ですが、 3種目のマウントであるニコンマウントが追加されました。 「それはやっちゃいけないよ」とカメラ屋のマスターにも言わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋桜  ~コスモス~

早朝の通勤は身体に堪えますが・・・、 まぁ、人間ってのは早朝だろうが、寒かろうが、 自然に「楽しみ」を見つけていく物です。 仕事の内容は気に入らないのだが、 そこにいる人達は嫌いじゃないし・・・とか、 なかなか人間は丈夫(誤魔化しがきく) なものですよ。 私の場合、サイテーと言われている Bタイプな血…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旭光学工業

ペンタックス・・・ 企業としての消滅・・・となった訳だが・・・ 私は大好きですね。 姿勢と言うか、理念と言うか。 こちら側を見ているような、暖かさというか。 そんな訳で、いいでしょ。  「旭光学工業」の湯呑。 世界でただ一つだけの逸品です。 職人さんの手書きだそうで、ネットで注文できるんです…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Tamron SP 500mm F/8

TamronSP 500mmF8 同じレンズを各社のマニュアルフォーカスカメラで共通して使えるように、 自動絞りや絞り値連動など各社マウント固有の機能まで含めて変換するように 設計されたシステム・・・これが「アダプトール2」である。 他レンズメーカーもその様な規格を開発されていたそうだが、 Wikipediaに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シベリアへ向けて

進路を北北東へ、旅立ちの時は迫る・・・。 渡り鳥の楽園、北海道美唄市宮島沼へ行ってきました。 宮島沼は、2002年に「国際的に重要な湿地」として、ラムサール条約に登録されています。 ラムサール条約とは、湿地とそこに暮らす生きものを守るための国際条約です。 地球温暖化の影響・・・とか言われていたけど、 あいにくの天候…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆既月食

赤い月・・・。 2007年8月29日、全国的に観測出来る皆既月食がありました。 発生時間が夕刻である事。 食の時間が非常に長く、全国各地で見られると言う事。 この様な条件から、ニュースで取り上げる所が多かったですね。 皆既月食なのに、何故月が見えるのかと言うと、 地球の大気のおかげで光は屈折して月を照らすのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納涼 盆踊り大会  ~北海道の風物詩~

夏の終わりを知らせるかのように、街に「子供盆踊り」の音楽が響き渡る・・。 北海道だけの楽しみである。 子供達は夏休みであまり会っていない友達と、夏の思い出や宿題・・・について話したりしているのだろう。 子供達に共通なのは「楽しそう」と言うことだ。 100円そこらの御菓子が欲しいわけではないはずだ。 それ位の金銭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第23回夕張夏祭り (花火大会)

先日、夕張に行ってきました。 道民でありながら、未だに訪れた事はありませんでした。 炭都から過疎の町・・・、そして自治体の財政破綻と言う過酷な状況で、 これからどうなるのか・・・と言う不安を抱えながら、市民は暮らしているでしょう。 花火大会自体は、人々に元気を取り戻して欲しいと言う願いを込めて、読売新聞がスポンサーとなっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ライラックの街

ライラック(Lilac) 和名:ムラサキハシドイ、リラ 初夏を迎える今の季節、札幌の街にライラックの季節がやってきた。 ライラックが咲く頃は、突然に冷え込みが厳しい期間がある。リラ冷えと呼ばれる。 俳句の季語にも使われるようだ。 リラ冷えを越えて、一雨降るかな・・・。 そうしてヨサコイソーラン、札幌祭りが始まる。 空は夏を思わせ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

桜 ~北海道の遅い春~

何気ない日常の風景に、桜があると言うのは本当に贅沢だ。 家の庭に桜がある人が羨ましいです。 一年のうちで数日しか楽しめない・・・そんな考え方もあるでしょうけど、その一瞬が輝いているのは一段と素晴らしく感じるものです。 幼い頃、実家の玄関横に桜の木がありました。 小さくて枝ぶりもそれほどではなかった。 でも、年々咲く花の数が増えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮島沼 ~渡り鳥の楽園~

北海道美唄市の西端、田園地帯の中にある小さな湖である。 ふとしたきっかけで、宮島沼の存在を知って「いつか行きたいなぁ・・・」と思っていたのだが、なかなか出不精なために足を運ぶ機会が無かった。 ふとオフィシャルサイトを見ると、~4/25がピーク・・・と書いてある。 これは行かねば、と足を運んで見ました。 札幌から車で1時間、道にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ A型

インフルエンザを喰らいました。 今思えば、人生で2回目だろうか・・・? 嗽もしてた、手洗いもしてた、予防接種もした。 ・・・でもダメなのね・・・。 以下、闘争の記録である・・・。 2/16 18:00 キャリアーと思われるK氏と接触       K氏、寒いとの不調を訴える    20:…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

石狩プチ紀行⑥

滝巡り、次のお目当ては「平和の滝」です。 所在地:北海道札幌市西区平和 琴似発寒川の上流に位置し、手稲山の登山ル-トの入り口がすぐそばにある。 右股の滝とも言われる。 札幌市民なら皆知っているでしょう。 心霊スポットとしてのイメージが大きいかも知れませんね。  若かりし頃、私もそういった趣向で訪れた経験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石狩プチ紀行⑤

「冬の滝巡り」 滝は冬は凍る・・・。のだろうか。 そんな素朴な疑問から、滝を散策する事にしました。 凍る・・・。 それも冬らしくて素敵かも知れない・・・。  でも、冬でも流れている滝もいいかも・・・。 2007.2.5、ぶらりと冬の滝ツアーへ出掛けました。 目指す目標は「歩ける距離」がポイントになります。 いくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石狩プチ紀行④

厚田-月形線での偶然の発見・・・ 「樹齢1300年のイチイ」の貫禄に大満足であった。 見晴らしの松を後にして国道275号線を目指す。 さて、・・・何処へ向かうやら・・・。 さっぱり当てのない散歩なので、どうしようか。 地図を見るがさっぱり役に立たず。 そりゃそうだ。私は地図に無い「道道11号線」を走っているのだから。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石狩プチ紀行③

鴎の捕食を堪能した後、哀愁たっぷりの厚田村を後にする。 コンビニで昼食を買出しして、道道22号線を内陸へと走る・・・。 事にしたのだが・・・。 ん?22号線が無い。 あるのは11号線だけだ・・・。 おかしいなぁ・・・地図には22号線となっているのに・・・。 まぁいいか。 内陸側へ向かうには変わりない。  深く考えずに進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石狩プチ紀行②

プチ紀行 2弾目 石狩中部は久しぶりの大雪で、雪山を撮ろうかと思っていましたが、 湿度のある雪であること、気温が上昇していること、等から雪の表情の撮影を断念し、 ぶらりと出掛ける事にしました。 別にあても無いので、まず北へ向かいます。 石狩新港方面へ車を走らせ、雪の解け具合を確認。 やはり暖かいせいか、雪が解け始めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石狩プチ紀行①

「モエレ沼公園(モエレぬまこうえん)は、北海道札幌市東区にある都市公園である」 <wikipediaより> 私はウェブリアルバムにて夜のモエレ沼公園を公開していますが・・・・ 「冬はどうしているのだろうか・・・?」 あれ程の広大な敷地・・・何に利用出来ようか・・・。 ってな始まりから、冬のモエレ沼公園にお邪魔し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さっぽろ ホワイトイルミネーション

何年もこの街に住んでいますが、なかなかお目にかかる機会がない・・・ 私の生活圏が中央部に無いからだろうか・・・ いや、綺麗なのは知っているし、カメラが好きな私にとって格好の被写体となるであろう。 しかし、何故接する機会が・・・ないのだろう。 このイルミネーションを恋人とみると別れる・・・ そんなジンクスがあります。 どうもそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬を迎えて

まだまだ気温は緩く、心地よいレベルでの冬・・・ 生まれ故郷はもっと厳しい寒さだったが、長年暖かい街で暮らすと寒さへの適応能力が低下している事を感じる。 それは身体の衰え・・・とも言えるのかな? ふと通り掛かった公園の木々は、まだ実をつけたままだ。 タイミングを逃し、実としての役割を果たせず、 このまま氷に閉ざされていくのが使命な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わり 「盆踊り」

あの煌々と輝く灯り。 盆踊りは幾つになっても心が躍る。 夏の風物詩は夜がとても似合うものばかりだ。 北海道の短い夏。  盆踊りのお囃子はどこか寂しく、儚さを感じるものである。 夏の楽しさとともに、秋を感じとれる行事だ。 さて、北海道では「子供盆踊り唄」と言う物がある。 これは北海道人、または道産子でなければ知…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

光をコントロール (バウンス、ディフューザ) 

世の中で一般的に「便利な店」と言えばコンビニと100円ショップだ。 コンビニには「売れ筋商品」しか置かない。 相反して、100円ショップはとにもかくにも「品揃え」なのだ。 普通の目線では目に止まらない様な商品・・・ これにスポットを当ててみよう。 100円ショップ対決 今回は「バウンス」又は「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝陽の見える場所

自分の部屋から見える、いつもと変わらない景色・・・。 でも、その表情は一つとして同じ物はない。 朝陽が見える部屋は、それだけで十分に価値ある物だと思う。 実家、引越し、引越し・・・・こんな部屋は今までになかった。 非常に恵まれている。 うん。 朝の太陽だけで幸せな気分になれるのは・・・歳のせいか・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春うらら

暖かい日が続いていますね。 待ち侘びた春の訪れ・・・。 花が綺麗だとか、日差しが暖かいとか。 日常で感じた事をなかなか綴っていくのは難しいです。 ブログは気軽でいいですね。 HPよりは簡単。 でも・・・ もう少し使いやすさが欲しい・・・のは欲張りだろうか。 パパッっと更新出来るやつ。  花に感動する自分。 春の日差しを心地よく感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30Dのファインダーを拡大する ME-1

ファインダーの弱さが中堅機種のネックでもある・・・。 キャノン然り、ニコン然り。 これはAPS-Cサイズの映像素子を使っていれば当然の流れである。 EOSの上位機種はきっと晴々とした見え味なんだろうなぁ・・・。 それの為にポンと50万は出ないですよ。 普通・・・。 そこで、オリンパスEシリーズ用のアイピースである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Panasonic PE-28S

光を制する・・・。  そんなカッコいいもんではないですが、外部フラッシュがあると撮影もより一層楽しくなります。 ガラクタのフラッシュを3つほどもっておりますが、新しいフラッシュが欲しくなりましたので、探していました。 キャノン純正は高すぎます・・・。 コンパクトデジカメが買えてしまうよ・・・。 フラッシュに求める事は人そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あともう少し

どんなに哀しい事があっても、どんなに辛い事があっても・・・ 春になると桜は咲く。 当たり前ではある。 (まあ、冬の冷え込みが無いと咲かないらしいけど・・・) ぷらりと出掛けた公園はまだまだ開花したばかり。  「がんばってな。」 時が進んでいる事、生きている事、 そしてまた少しオジサンになって行く事・・・を感じた。     ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静寂鏡面

朝の公園を歩いてみた。 まだ、風は冷たすぎるくらいだ。 ここは前田森林公園。 お役所が好きそうな「直線的デザインの公園」である。 コンセプトは嫌いではない。 むしろ好きである。 なぜなら、誰が撮っても「サマ」になる画創りが可能なのだ。 私の様なかじった程度のエセカメラマンには、楽な場所なのだ。 カナル(運河)とポプラ並木が作り出す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都会って・・・ 苦手ですよ。

滅多に出張なんてない私ですが・・・ 何故か東京・品川へ行って居りました。 しかしあれですね。 都会の方は勇猛果敢です。 カートを引いている私にぶつかって来るんだから。 それも一人や二人ではない。 転びたいのかな・・・。 カートを引いてる私が悪いのではない。 絶対、カートは見えている・・・はず。 まぁ、足踏まれよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初雪

雪が降りましたね・・・。 つい昨日、足音を感じ取ったばかりなのに・・・。 冬支度はまだまだこれから。 カラスもびっくりして、固まってましたよ。 さぁ、冬が始まります。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

冬の足音

木枯らしとでも言いましょうか・・・。 この季節の風は「ヒュー」と言う音を立てる。 夏でも春でも冬でも、この音は聞こえない。 銀杏の葉が「カラカラ」と音を立てて、アスファルトの上を舞っていました。 風は冷たくなり、指先が悴みます。  家路を辿る人の流れも早足だ。 冬は目の前まで来ている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の楽しみ

秋は寂しくもあり、また心躍る季節でもある・・・ 個人としては紅葉が好きなので、好きな季節でもあります。 しかし北国の住人としては、さむーい冬の訪れを感じる嫌な期間かも知れない。 ま、それも少しの間でね。 雪が降るのを見れば、又心躍るわけで・・・。 京都の方は紅葉がとっても厳しい状況だそうだ。 気温が下がって、太陽が当たる。 そん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

同じ月を見ている

夏が終わります。 空気が違いますよね。 なんか乾いてるし。 あんなに嫌だった暑さも湿度も、どこかに行ってしまわれた。 こんな切ない季節には、線香花火でもやるか・・・。 全然関係ないけれど、オークション詐欺にあいました。 かなりブルー入ってます。 最悪な心境の今日この頃です・・・。 同じ月を見ている人がいる・・・ 詐欺師も見てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more