テーマ:風物詩

短い夏の訪れ  ~ライラック~

紫丁香花・・・ムラサキハシドイ、 ライラックの和名である。 OlympusEP-1 ポップアートモード ハシドイとは、アジア原産のモクセイ科の落葉樹であり、 ライラックはその仲間である。 北海道では5月頃に香りの強い花が咲き、 「短い夏が来る・・・」と言う季節感を感じさせる。 OlympusE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宮島沼」 ~最終章 北ウイング~  2010年春 

北海道美唄市「宮島沼」。  渡り鳥たちはここからシベリアへ向けて旅立って行く。 渡り鳥の渡来地として、 我が国13番目のラムサール条約指定湿地に指定された 最北の楽園。 2010.5.2 この春、最後であろう「観察」に挑みました。 気合を入れて起きはしましたが、 なんとギャラリーの多いことか・・・。 駐車場は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宮島沼」 ~家路~ 2010年春

北海道美唄市 宮島沼。 人々が「守るべき自然」がそこにある。 4/28早朝、5度目のトライです。 暴風雨の予報・・・ これはいかん。 アメダスレーダーの進行が少し遅れ気味に感じましたので、 いけるかなと・・・。 寝不足気味の体にムチ打って、愛車を飛ばしました。 4/28撮影 ビクターEve…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宮島沼」 ~舞踏曲~ 2010年春

国内13番目のラムサール条約登録湿地、宮島沼。 世界でも貴重な「渡り鳥の楽園」である。 宮島佐次郎氏の入植より、「宮島沼」と呼ばれる様になり、 それまでは「大沼」と呼ばれていたそうです。 4/18、また行ってきました。 この春4度目、3日連チャン。 気温はプラス1度。 天候曇り。 いまいちな空模様ですが、マガンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宮島沼」 ~協奏曲~ 2010年春  渡り鳥の楽園

渡り鳥の楽園「宮島沼」。 北海道美唄市に位置する小さな楽園である。 昨日の4/16の雪景色。 実に寒かったです。 関東では大変な降雪となっている様ですが・・・。 この時期の降雪は道民でもびっくりです。 さて、4/17も連続で宮島沼へ足を運んでみました。 「youtube」 http://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宮島沼」 ~新世界へ~ 2010年春

北海道美唄市 渡り鳥の楽園 「宮島沼」。 前夜、帰宅しているときの星が「ギラギラ」していたので、 「これは晴れる」と思い、機材を準備して就寝・・・。 3時起床出来ました。 今回は気合が違います。 本日は4/16 前回より5日経って、雪も解けただろうと思いきや・・・ 雪が降り出しました。 国道275号線は路面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宮島沼」 ~白鳥の湖~ 2010年春

北海道美唄市宮島沼。 渡り鳥たちの楽園である。 本州はもう桜が咲いていますが、 北海道はまだまだ朝は冷え込みます。 朝の気温は手元の温度計で「2℃」 まだまださぶいっす。 出掛ける準備は万端でしたが、寝坊しまして マガンの塒立ちに間に合いませんでした。 ショボボ~ん。 マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縁日  ~札幌まつり~

札幌まつり・・・正式名称は「北海道神宮例祭」なんですね。 中島公園には、数多くの露店・出店が賑わいます。 久しぶりに祭に足を運びました。 雨が降りそうで降りそうで、気温も低めです。 この所、札幌はグズグズな天気ですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第28回 さっぽろホワイトイルミネーション 

さっぽろホワイトイルミネーション・・・ 始まりは1000個の電球から始まった・・・。 第28回さっぽろホワイトイルミネーションは 2008(平成20)年11月28日(金)から、2009(平成21)年2月11日(祝・水)に開催されます。 イルミネーションの期間中は大通公園で 「ミュンヘン・クリスマス市 in Sap…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シベリアへ向けて

進路を北北東へ、旅立ちの時は迫る・・・。 渡り鳥の楽園、北海道美唄市宮島沼へ行ってきました。 宮島沼は、2002年に「国際的に重要な湿地」として、ラムサール条約に登録されています。 ラムサール条約とは、湿地とそこに暮らす生きものを守るための国際条約です。 地球温暖化の影響・・・とか言われていたけど、 あいにくの天候…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納涼 盆踊り大会  ~北海道の風物詩~

夏の終わりを知らせるかのように、街に「子供盆踊り」の音楽が響き渡る・・。 北海道だけの楽しみである。 子供達は夏休みであまり会っていない友達と、夏の思い出や宿題・・・について話したりしているのだろう。 子供達に共通なのは「楽しそう」と言うことだ。 100円そこらの御菓子が欲しいわけではないはずだ。 それ位の金銭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第23回夕張夏祭り (花火大会)

先日、夕張に行ってきました。 道民でありながら、未だに訪れた事はありませんでした。 炭都から過疎の町・・・、そして自治体の財政破綻と言う過酷な状況で、 これからどうなるのか・・・と言う不安を抱えながら、市民は暮らしているでしょう。 花火大会自体は、人々に元気を取り戻して欲しいと言う願いを込めて、読売新聞がスポンサーとなっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ライラックの街

ライラック(Lilac) 和名:ムラサキハシドイ、リラ 初夏を迎える今の季節、札幌の街にライラックの季節がやってきた。 ライラックが咲く頃は、突然に冷え込みが厳しい期間がある。リラ冷えと呼ばれる。 俳句の季語にも使われるようだ。 リラ冷えを越えて、一雨降るかな・・・。 そうしてヨサコイソーラン、札幌祭りが始まる。 空は夏を思わせ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

さっぽろ ホワイトイルミネーション

何年もこの街に住んでいますが、なかなかお目にかかる機会がない・・・ 私の生活圏が中央部に無いからだろうか・・・ いや、綺麗なのは知っているし、カメラが好きな私にとって格好の被写体となるであろう。 しかし、何故接する機会が・・・ないのだろう。 このイルミネーションを恋人とみると別れる・・・ そんなジンクスがあります。 どうもそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わり 「盆踊り」

あの煌々と輝く灯り。 盆踊りは幾つになっても心が躍る。 夏の風物詩は夜がとても似合うものばかりだ。 北海道の短い夏。  盆踊りのお囃子はどこか寂しく、儚さを感じるものである。 夏の楽しさとともに、秋を感じとれる行事だ。 さて、北海道では「子供盆踊り唄」と言う物がある。 これは北海道人、または道産子でなければ知…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more