30Dのファインダーを拡大する ME-1

ファインダーの弱さが中堅機種のネックでもある・・・。

キャノン然り、ニコン然り。 これはAPS-Cサイズの映像素子を使っていれば当然の流れである。
EOSの上位機種はきっと晴々とした見え味なんだろうなぁ・・・。
それの為にポンと50万は出ないですよ。 普通・・・。

そこで、オリンパスEシリーズ用のアイピースである。
画像

これはE-300,330,500に取り付ける1.2倍像のアイピースである。
キャノン製品の中では倍率を上げるのは「アングルファインダー」が存在するが、あれを付けるのはかなり抵抗がある。

今の明るさが若干低下しても、ファインダー像を大きくしたい・・・。 
誰もが思う事である。
他のメーカーの部品がこんなにもピッタリはまるのはびっくりした。
ミゾをヤスリなどで広げれば、ニコンのデジ一眼にも取り付けれるそうです。

私は10D、30Dしか持っていないので、キャノン版の取り付けレポート、と言った所でしょうか。


取り付け
標準のアイピースを取り外す。 ME-1を取り付ける。 ただこれだけ。 
はめ込む最後はクッと力を入れてやる必要がある。
カチッと言ったロック感はない。 しかし「しっぽり」とはまっている。
加工はもう必要ないです。 まず落ちないと思う。

見え味
画像


画像を見てもらえれば一目瞭然だと思います。 個人的には二回り程大きくなった。
暗さは特に感じない。 レンズの追加で明るさが変わったという感じはない。

写真は左上が「30D標準」、右上が「ME-1装着」
左下は「キャノンEP-EX15取付時」・・・これは製品として問題ないか?
右下は参考用に「EOS55」のファインダー像です。


分かりやすく、撮影した像を重ねてみます。

30D標準とME-1比較
画像


どうですか。 効果は充分だと思います。
ME-1の仕様では1.2倍像となっていますが、それ以上の効果に感じます。

私個人としては「若干、ケラレてるかな? いや、全然気にならないかも。」と言った感想。
情報表示部分を見る分には特に問題なし。 

ピント確認に効果は「ある」。 と思います。
これをつけてから、ピントの精度の甘さに気がつく様になりました。
EF28mmF1.8を調整に出そうと思えたのは、ME-1のお陰だと思う。


視度がマイナス側に推移しますので、取り付け後はプラス側に調整が必要です。
私と30Dの場合、18段階の最もマイナスから1つ回した所だった物が、そこから11段プラス側へ変化しました。 この点は注意ですね。


撮影カメラ:FinepixF10
被写体:minolta HI-Matic F



是非、お薦めです。 
オリンパス マグニファイヤーアイピースME-1 定価5000円
http://olympus-imaging.jp/digitalcamera/accessory/opticalaccessory/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック