テーマ:写真

白い季節

また、冬は来た。 当たり前の様にやってきた。 北国育ちなので、嫌いではないですが・・・ 朝はビックリしました。 いきなりの本格的な雪・・・。 いやぁ、会社へ向かえど、向かえど 歩けども・・・ なかなか前へ進みません。 歩きづらいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽園 ~宮島沼~

宮島沼・・・ 北海道美唄市にある小さな沼・・・ 渡り鳥の楽園とも言える、その小さな大自然。 アクセスが手軽な距離でもないのですが、 なんか気に入ってしまいましてね。 朝の「飛び立ち」をねらって、早朝宮島沼に挑戦しました。 飛び立ちとは、早朝に沼で休んでいる渡り鳥が 一斉に飛び立ち、朝ごはんを探しに行くんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塔への侵入者

D50でのお散歩撮影にて、 何やら不審なモノを見かけた・・・ サッポロファクトリー(Sapporo Factory)は、 北海道札幌市中央区に所在する ショッピングモールを中心とした大型複合施設である。 1989年に恵庭市に移転したサッポロビール工場 (サッポロビール発祥の地でもある)の跡地を利用し開業。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋桜  ~コスモス~

早朝の通勤は身体に堪えますが・・・、 まぁ、人間ってのは早朝だろうが、寒かろうが、 自然に「楽しみ」を見つけていく物です。 仕事の内容は気に入らないのだが、 そこにいる人達は嫌いじゃないし・・・とか、 なかなか人間は丈夫(誤魔化しがきく) なものですよ。 私の場合、サイテーと言われている Bタイプな血…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tamron SP 500mm F/8

TamronSP 500mmF8 同じレンズを各社のマニュアルフォーカスカメラで共通して使えるように、 自動絞りや絞り値連動など各社マウント固有の機能まで含めて変換するように 設計されたシステム・・・これが「アダプトール2」である。 他レンズメーカーもその様な規格を開発されていたそうだが、 Wikipediaに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シベリアへ向けて

進路を北北東へ、旅立ちの時は迫る・・・。 渡り鳥の楽園、北海道美唄市宮島沼へ行ってきました。 宮島沼は、2002年に「国際的に重要な湿地」として、ラムサール条約に登録されています。 ラムサール条約とは、湿地とそこに暮らす生きものを守るための国際条約です。 地球温暖化の影響・・・とか言われていたけど、 あいにくの天候…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライラックの街

ライラック(Lilac) 和名:ムラサキハシドイ、リラ 初夏を迎える今の季節、札幌の街にライラックの季節がやってきた。 ライラックが咲く頃は、突然に冷え込みが厳しい期間がある。リラ冷えと呼ばれる。 俳句の季語にも使われるようだ。 リラ冷えを越えて、一雨降るかな・・・。 そうしてヨサコイソーラン、札幌祭りが始まる。 空は夏を思わせ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

桜 ~北海道の遅い春~

何気ない日常の風景に、桜があると言うのは本当に贅沢だ。 家の庭に桜がある人が羨ましいです。 一年のうちで数日しか楽しめない・・・そんな考え方もあるでしょうけど、その一瞬が輝いているのは一段と素晴らしく感じるものです。 幼い頃、実家の玄関横に桜の木がありました。 小さくて枝ぶりもそれほどではなかった。 でも、年々咲く花の数が増えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石狩プチ紀行⑥

滝巡り、次のお目当ては「平和の滝」です。 所在地:北海道札幌市西区平和 琴似発寒川の上流に位置し、手稲山の登山ル-トの入り口がすぐそばにある。 右股の滝とも言われる。 札幌市民なら皆知っているでしょう。 心霊スポットとしてのイメージが大きいかも知れませんね。  若かりし頃、私もそういった趣向で訪れた経験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石狩プチ紀行⑤

「冬の滝巡り」 滝は冬は凍る・・・。のだろうか。 そんな素朴な疑問から、滝を散策する事にしました。 凍る・・・。 それも冬らしくて素敵かも知れない・・・。  でも、冬でも流れている滝もいいかも・・・。 2007.2.5、ぶらりと冬の滝ツアーへ出掛けました。 目指す目標は「歩ける距離」がポイントになります。 いくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石狩プチ紀行④

厚田-月形線での偶然の発見・・・ 「樹齢1300年のイチイ」の貫禄に大満足であった。 見晴らしの松を後にして国道275号線を目指す。 さて、・・・何処へ向かうやら・・・。 さっぱり当てのない散歩なので、どうしようか。 地図を見るがさっぱり役に立たず。 そりゃそうだ。私は地図に無い「道道11号線」を走っているのだから。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石狩プチ紀行③

鴎の捕食を堪能した後、哀愁たっぷりの厚田村を後にする。 コンビニで昼食を買出しして、道道22号線を内陸へと走る・・・。 事にしたのだが・・・。 ん?22号線が無い。 あるのは11号線だけだ・・・。 おかしいなぁ・・・地図には22号線となっているのに・・・。 まぁいいか。 内陸側へ向かうには変わりない。  深く考えずに進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石狩プチ紀行②

プチ紀行 2弾目 石狩中部は久しぶりの大雪で、雪山を撮ろうかと思っていましたが、 湿度のある雪であること、気温が上昇していること、等から雪の表情の撮影を断念し、 ぶらりと出掛ける事にしました。 別にあても無いので、まず北へ向かいます。 石狩新港方面へ車を走らせ、雪の解け具合を確認。 やはり暖かいせいか、雪が解け始めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石狩プチ紀行①

「モエレ沼公園(モエレぬまこうえん)は、北海道札幌市東区にある都市公園である」 <wikipediaより> 私はウェブリアルバムにて夜のモエレ沼公園を公開していますが・・・・ 「冬はどうしているのだろうか・・・?」 あれ程の広大な敷地・・・何に利用出来ようか・・・。 ってな始まりから、冬のモエレ沼公園にお邪魔し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さっぽろ ホワイトイルミネーション

何年もこの街に住んでいますが、なかなかお目にかかる機会がない・・・ 私の生活圏が中央部に無いからだろうか・・・ いや、綺麗なのは知っているし、カメラが好きな私にとって格好の被写体となるであろう。 しかし、何故接する機会が・・・ないのだろう。 このイルミネーションを恋人とみると別れる・・・ そんなジンクスがあります。 どうもそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬を迎えて

まだまだ気温は緩く、心地よいレベルでの冬・・・ 生まれ故郷はもっと厳しい寒さだったが、長年暖かい街で暮らすと寒さへの適応能力が低下している事を感じる。 それは身体の衰え・・・とも言えるのかな? ふと通り掛かった公園の木々は、まだ実をつけたままだ。 タイミングを逃し、実としての役割を果たせず、 このまま氷に閉ざされていくのが使命な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝陽の見える場所

自分の部屋から見える、いつもと変わらない景色・・・。 でも、その表情は一つとして同じ物はない。 朝陽が見える部屋は、それだけで十分に価値ある物だと思う。 実家、引越し、引越し・・・・こんな部屋は今までになかった。 非常に恵まれている。 うん。 朝の太陽だけで幸せな気分になれるのは・・・歳のせいか・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春うらら

暖かい日が続いていますね。 待ち侘びた春の訪れ・・・。 花が綺麗だとか、日差しが暖かいとか。 日常で感じた事をなかなか綴っていくのは難しいです。 ブログは気軽でいいですね。 HPよりは簡単。 でも・・・ もう少し使いやすさが欲しい・・・のは欲張りだろうか。 パパッっと更新出来るやつ。  花に感動する自分。 春の日差しを心地よく感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あともう少し

どんなに哀しい事があっても、どんなに辛い事があっても・・・ 春になると桜は咲く。 当たり前ではある。 (まあ、冬の冷え込みが無いと咲かないらしいけど・・・) ぷらりと出掛けた公園はまだまだ開花したばかり。  「がんばってな。」 時が進んでいる事、生きている事、 そしてまた少しオジサンになって行く事・・・を感じた。     ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静寂鏡面

朝の公園を歩いてみた。 まだ、風は冷たすぎるくらいだ。 ここは前田森林公園。 お役所が好きそうな「直線的デザインの公園」である。 コンセプトは嫌いではない。 むしろ好きである。 なぜなら、誰が撮っても「サマ」になる画創りが可能なのだ。 私の様なかじった程度のエセカメラマンには、楽な場所なのだ。 カナル(運河)とポプラ並木が作り出す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初雪

雪が降りましたね・・・。 つい昨日、足音を感じ取ったばかりなのに・・・。 冬支度はまだまだこれから。 カラスもびっくりして、固まってましたよ。 さぁ、冬が始まります。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

秋の楽しみ

秋は寂しくもあり、また心躍る季節でもある・・・ 個人としては紅葉が好きなので、好きな季節でもあります。 しかし北国の住人としては、さむーい冬の訪れを感じる嫌な期間かも知れない。 ま、それも少しの間でね。 雪が降るのを見れば、又心躍るわけで・・・。 京都の方は紅葉がとっても厳しい状況だそうだ。 気温が下がって、太陽が当たる。 そん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

短い夏

夏が終わろうとしています。 乾いた空気に「秋」を感じます・・・。 北の夏は短い。 短いからこそ、尊く思えるものなのだろう。 だからこそ、短いなりの楽しみ方や思い入れがあるのだとおもう。 写真は鈴蘭のつぼみ。 実家の母が植えたものだ。 標識は実家の目の前の標識だ。 標識が立ったときは「目障りだなぁ」と思っていたのだが、こうして作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見えない敵

星が綺麗でした・・・。  8月ですが、北海道的には8/7が七夕となります。 具体的には緯度の違いなのでしょうかねぇ。 何にせよ、8月の方が星がきれいなんです。 くわしくは知りません。 実家に帰省しまして、おぉ、そういえばって事でカメラを持ち出しました。 堤防の上にねっころがりながら、カメラのシャッターボタンを押し、適当に撮影してお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の夜

湿度にはめっぽう弱い私だが、夏は湿度が無ければ「夏が来た!」と言う気にならない・・・。 自然の猛威・・・と言うものを感じられるのも夏の風物詩。 しかし、日本の宝くじの高額が当たるよりも、雷に打たれて死亡する確率が高いのは少し驚いた。 当たりそうに、うまいことがありそうに・・・TVで流れるもんだ。 短い「北の国」の夏・・・ 短いから…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SLOW LIFE

ゆったりとした時間を過ごす・・・。まぁ、現実にはそうは行かないものだが・・・。 忙しさにまかせるのも楽な生き方だ。 しかし、どこかに「ふぅ」と一息つける様な・・・。 そう、心のよりどころが必要だ。 「帰る場所」 今の自分は慌しい現実の中にいるが、ふと心落ち着く物が必要だ。 それは、人によっては「携帯の待受け画面」だったり、好きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい一日が始まる

朝焼けはいい。誰が見てもきれいだと思う。これを見て余り良くない印象を受けるのは・・・ 「徹夜で飲んだ酔っ払いの方」だけだと思うのだが・・・。 晴ればれ・・・と言うか、清々しいと言うか、 朝焼けを見ると気分はいい。 今日も頑張るかってな感じだろうか。 と言うか、日の出の時間に起きてるのは不規則極まりないのだが・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硝子芸術

建築物でこんなにもきれいなのに・・・。 知名度がいまいちなのは、立地の問題か・・・。 ライトアップが綺麗なのは当たり前だと思うが、昼も趣のある表情を見せてくれます。 へたっぴな私でも、綺麗な写真が撮れますなぁ。 札幌へ起こしの際は、一見の価値ありです。 但し・・・交通の問題か・・・。 やはり・・・。 札幌 モエレ沼公園 「ガラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more